カラコンの影響と通販について

ファッションの一部としてカラーコンタクトを使用している人が増えてきましたよね。

通販などでも幅広く取り扱っています。

カラコン - Google 検索 (16)

その分カラーコンタクトの影響などを気にする人も増えてきました。

カラーコンタクトが目に及ぼす影響についてまとめられているモノがありましたので紹介したいと思います。

カラーコンタクトレンズを8時間使っていた時にカラーコンタクトの矯正視力は、透明なコンタクトレンズに比べて16銘柄中12銘柄で低くなる傾向がみられたそうです。

低含水性HEMA素材(ソフトコンタクトレンズ分類グループI)というレンズを短い時間利用して計測すると、コンタクトレンズよりも角膜浮腫の程度が重くなる傾向があるそうです。

実験によってはほとんどの銘柄で、角膜浮腫、角膜上皮障害、結膜上皮障害、輪部充血などの項目のどれかに当てはまり、眼科での受診やカラーコンタクトの装着を辞めるといった対応が必要な障害がみられるという実験結果が出ています。

また、痛みなどの自覚症状がない場合でも、なんらかの症状が出ているというパターンもあるため、気付くことに遅れて症状を悪化させてしまうという場合があります。

実験の結果からカラーコンタクトレンズの酸素透過率は、素材だけに注目するのではなく、レンズ内の着色の範囲やレンズの瞳部分の着色している方法、使用している着色剤の種類なども影響すると考えられますので、これらの安全性が確保されているメーカーなどを使用するようにしましょう。

カラコン販売

カラーコンタクトの人気はとどまる事を知らないですよね。

周りでも使っている方は非常に多く、皆使っているのではないかと思える程ですよね。

そんなカラーコンタクトにも大きく分けて2つ種類がありまして、度の入っていないファッション用のみのカラーコンタクトと度の入っているカラーコンタクトがあります。

ファッション用のみの目的のカラーコンタクトは、実は2009年までは雑貨品扱いとされていました。

そのため品質にこだわりのない製品が増え、目のトラブルが相次いだために、2009年から度が入っていないファッション目的のカラーコンタクトも医療機器として扱うということになり、薬事法の対象となりました。

ですので、ネットの通販やお店で買う際もしっかり商品がどのように販売されているのかを見て購入するようにしましょう。

きちんと薬事法の販売にのったカラーコンタクトを購入しましょう。

また、初めてカラーコンタクトを購入する方は、分からないことが多いと思いますので、分からないまま使用するのではなく販売店やお店の店員、眼科などの医者に質問するようにしましょう。

分からないまま使用すると、独自のケア方法のなってしまいます。

何も知らないまま、ケアの仕方もままならない状態では目に与える影響は大きくて危険です。

今では、カラーコンタクトはネット通販サイトでも気軽に購入することが出来ますので、利用前には眼科で自分の目の診断をお願いしてから利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Just another WordPress site